2021年ETFの旅④〜バンガードS&P 500グロースETF(VOOG)

バンガード

 みなさんこんにちは😋

 ETFを巡る旅も4日目です。

 10年以上の長期投資で10%以上のリターンを出しているETFについて、世界的運用会社のバンガードから紹介しています。

 いずれは、ブラックロックやステート・ストリートなどのバンガードと同じ世界的資産運用会社のETFや高配当株も紹介していきたいと思いますので、気長にお付き合いいただければと思います😊

スポンサーリンク

S&P500・・・唯一無二の世界的標準指数

 S&P500は、株投資で誰もが知るアメリカ株のパフォーマンスを測定する世界的株価指数です😊

 この指数は、もともと大型株90銘柄で構成される時価総額加重平均指数として、スタンダード・アンド・プアーズ社が1926年から公表し始め、1950年代になって成長株を取り込み、当時ニューヨーク証券取引所で取引されていた、工業株、鉄道株、公益株のうち、上位500社の銘柄を構成して、1957年に誕生しました。

 名前のスタンダード・アンド・プアーズは、リベラル・アーツ大学というユーチューブで紹介されていましたが、標準と貧乏という意味ではなくて、プアーズさんという人の作った株価情報会社を後々スタンダード社が買収してそのような名前になったとのことです。

 少し脱線しました😂

 S&P500が凄いのは、主要な産業における500社という基準を維持するために、時価総額、利益、流動性といった厳格な規格をつくり、時代ごとで最も高いパフォーマンスが得られるよう設計されているということです

 時価総額だけ高くても、経営に問題を抱えていては、成長が見込めないので、常に成長が見込まれる株が選定されます。

 そのため、設立当時と現在では、当然成長株のカテゴリーは全く異なっています(設立当時一位のエネルギー関連株は、現在では情報技術株に置き換わっています)

先のブログで紹介しましたラッセルやクリスプなどの指数は市場全体とか1,000単位の銘柄の動きに連動していますが、500という少ない銘柄に的を絞っているにも関わらず、設立当時から現在まで高いパフォーマンスを長年維持していることが、世界的標準指数となっている所以です。

 (1941年から1943年における平均指数を10として算出し、設立年の1957年が39.99という指数で試算を開始し、2021年4月2日に最高値となる4,012.06を記録しています)

VOOG・・・バンガードS&P 500グロースETF

finviz dynamic chart for  VOOGfinviz.comより

 VOOGの情報を以下にまとめてみました。

 特徴として、S&P500のうち、特にグロース株(成長株)とされる237銘柄に絞られたインデックス指数に連動しています。

 信託報酬が0.1%と今までご紹介したETFの中ではもっとも高くなっています。

 これは総資産額が約5,700億円と、これも今まで最も少ない額になっていることが影響していると思われます(日本の投資信託から見れば十分な資産金額ですが)

 PER、PBRともに以前紹介したETFの中でも多少割安で、10年投資のリターンは16%と悪くない値となっています。

 以下が、10年の株価推移を楽天証券でTOPIX(赤線)と比較したものです。

 他のインデックス指数と違い、今をときめく情報関連株の占める割合が多い指数なので、2020年後半からの上昇角度が急上昇です。

 人気が高いのも納得できます。 

 私もS&P500に連動したETFを現在保有していますが、改めて見ると怖い感じがします😥

まとめ

 

評価は、2021年5月25日時点、スコア表で再検証した結果で再編集し、以下の評価といたします。

S&P500指数成長株、10年リターンの中身からすると全く問題ありませんが、やはり信託報酬の0.1%は、長期投資という視点から見ると、とても気になります(日々の経費なので)

 また、ETF資産額が5,700億円というのも、バンガードの中では見劣りしますので、今回の評価は、

A

 とさせていただきます😓

 ただ、このVOOG、3年、5年の短期パフォーマンスは驚異の20%です

 短期投資で考える方には、良いETFかもしれません😋

 いかがでしたでしょうか。

 こうやって、いろいろETFを見ていきますと、同じようで違うことが良くわかりますね😂

 本日もお付き合い頂き、ありがとうございました😋

 次回はどんなETFに会えるか楽しみですね。

 それではまた✌

◎投資に参考になった本や映画です😊良かったら覗いてみてください💗

コメント

タイトルとURLをコピーしました