2021年ETFの旅⑰〜iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)

ブラックロック

  みなさん、こんにちは😊

 毎日があっと言う間に過ぎると感じる今日このごろです💦

 ほんと早すぎる〜。

 さて、今日からブラックロックのETFをご紹介していきたいと思います。

 ブラックロックは、世界一の資産運用会社で、運用資産残高はグループ全体で総額8.68兆米ドル(約946兆円)にのぼります。

 ちなみに、前回までご紹介しておりましたバンガードの資産運用残高は約600兆円なので、バンガードの1.5倍の規模です。

 とても巨大な企業であることはご理解いただけたと思います。

 ブラックロックについては、過去ブログでご紹介しておりますので、興味ある方は御覧ください😊

 この巨大な企業がもつETFは全世界で900ほどありますが、流石に全部をご紹介するのは不可能です。

 なので、バンガード同様、10年の長期投資で、10%以上リターンを出している、それもお得なETFのみご紹介したいと思います🌺

 それでは、早速今回ご紹介のETFの内容をみていきましょう😊

スポンサーリンク

この企画の目的について・・・

 このブログを初めてご覧になる方は、この企画目的をご確認いただければご理解が早いと思います😊

◎目的・・・投資初心者でも長期投資に最適なETFを選べるようになることです😊
  どれも同じように見えるETFですが、長期投資で優秀な結果を出している銘柄が数多く揃っています。10年の長期投資で年10%以上のリターンを出しているETFの中から、お得な銘柄を見つけましょうという企画ですので、肩の力を抜いて、気軽にご覧いただければ幸いです。

S&P500インデックス

 今回のETFは、おなじみのS&P500に連動いたします。

 S&P500は、米国大型株の動向を示す指標で、米国の主要産業を代表する500社により構成されており、米国株式の時価総額の約80%をカバーしています。

 S&P500については、過去ブログでご紹介しておますので、詳しくはそちらを御覧ください😊

IVV・・・iシェアーズ・コア S&P 500 ETF

finviz dynamic chart for  IVVfinviz.comより

 それでは、IVVの内容を表にしてみましたので、御覧ください。

IVVの特徴

1.信託報酬は最低レベル・・・0.03%

・バンガード同様、これ以下の信託報酬率はありません。素晴らしい利率。

2.総資産額は巨大・・・約30兆3,000億円

・世界第二位の資産レベル。ちなみにバンガードで最も資産の多いETFはVTIの26兆円で世界三位。

3.配当リターンはまあまあレベル・・・1.25%

・高配当でないETFで1%を超えれば上出来。

4.上位10銘柄の割合は低い・・・26.6%

・広く分散されている。

5.PER、PBRはアメリカ平均レベル

・PERは32.3倍、PBRは4.5倍と、アメリカ平均レベル。割安とは言えないが高すぎる訳でもない。

6.10年リターンは上出来・・・13.86%

・申し分ないレベルのリターン。

 楽天楽天で、TOPIX(赤線)と10年リターンを比較してみました。

 GAFAが入っている効果で、直近三年でTOPIXを置き去りにした成長を見せています。

 やはりS&P500は素晴らしい結果を出しているインデックスです。

まとめ

 それでは、スコア表に基づいて評価をしてみましょう😊

 信託報酬0.03%、総資産額30兆円超え、10年リターン10%超えと、長期投資に最適な要素を十分に満たしたETFと言えます。

 よって、評価は

AAA

とさせていただきます😊

 ブラックロックETF最初のご紹介は幸先よい感じです。

 ですが、ブラックロックのETFの一覧をざっーと見た感じでは、あれっと思う箇所がありましたので、後々ご説明させていただきます。

 今回のETF、いかがでしたでしょうか😊

 似て非なるETF、次回もお楽しみに🌺

 それではまた(^_^)/~

◎投資に参考になった本や映画です😊良かったら覗いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました