テーパリング(量的緩和の縮小)すると何故、株価は下落するのか?

情報いろいろ

 みなさんこんにちは😊

 さて、8月18日に公開された、アメリカの米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で、年内にテーパリング(量的緩和の縮小)が開始されると示唆とれた発表後、米国株が前日に続き下落しました。

 特に、アメリカ産業の代表銘柄を30社集め単純平均化した、ダウ工業株30種平均は、前日比▲382ドル安(▲1.1%)の3万4,960ドルと続落しました。

 今回は、下落原因とされるテーパリングについて勉強し、テーパリングすると何故、株価は下落するのか勉強していきたいと思います。

スポンサーリンク

テーパリングとは

 テーパリング(量的緩和の縮小)とは何かですが。

 結論から説明すると、アメリカ経済は回復して株価も上がり、企業経営も立ち直って雇用も増えつつ有るので、このままいけばインフレが強まって、せっかく立ち直った経済が悪化に転ずるかもしれないので、市場に出回るお金を年内から減らしにかかろうかな・・・ということです。

 今までは、コロナで経済が低迷し、企業活動もままならない状態でしたが、ワクチン接種で経済は回復に向かっていおり、こうした政策を打ち出したものと考えられます。

 今の日本とは真逆の金利政策です。

 なお、日本のようにコロナ禍で経済回復が見込めない状態では、こうした政策は更に経済を悪化させるため、政策金利を司る日銀やアメリカでいうFRBは、企業の投資活動をしやすくするため、低金利政策を行います。

 量的緩和=銀行の貸し出し金利低下となります。

 これは経済が低迷しているときに取られる金利政策で、意図的に軽いインフレ(物価上昇)を起こさせようとします。

 インフレが起こる過程としては、企業が低金利でお金を借りて様々な投資(住宅や工場建設、商品開発)を行い、魅力的なサービスができるようになることで、新たな需要を作り出します。

 需要がだんだんと強くなってくると、企業収入は増えて、雇用も生まれ、経済が雪だるま式に大きく成長していきます。

 企業成長とともに、株価は上昇していき、投資家の資金は株投資に流れていきます。

 そして、これがある程度を超えてくると、需要の強さとともに、インフレ(物価上昇)が懸念されてきます。

今度、完全なインフレになってしまうと、物の価格が上がりすぎて、お金の価値が下がります。

 つまり、100円で買えたものが、150円でないと買えなくなる → 50円分お金の価値が下がったということになります。

 お金の価値が下がると、益々株投資に資金が流れ、国民の消費活動は低下して、企業の売上も減っていき、最終的には経済が回らなくなって国が破綻するということです。

 つまりお金が紙くずになるのがインフレです。

 話を戻しましょう。

 テーパリングはインフレを抑えるために、市中に出回るお金を減らす政策ということになります。

 よって、テーパリング=銀行貸出金利上昇となります。

 金利が上昇すると株価は下がる。

 このブログでも幾度かご説明して参りましたが、投資家はリクスを嫌うので、金利が上昇すれば、リクスなしに金利分利益が稼げる債権や預金に資金が流れるため、株価は下がるということになります。

恐怖指数が増える

 このテーパリングのニュースを受けて、S&P500指数と反対の動きをするVIX指数(恐怖指数)は急上昇しています。

出典:Googleファイナンス

 このVIX指数は、S&P500に連動する30日後の先物取引で予め決めた取引額がどのくらい上下するかを図る予測パラメーターみたいなもので、シカゴオプション取引所が1993年から公表している指数です。

 S&P500と正反対の動きをすることから、恐怖指数とも呼ばれています。

 また、この恐怖指数については、1992年以降、月別の平均上昇で、10月が年間で最も上がりやすいようなので、テーパリングの影響でどの程度まで上昇してしまうのか、また、S&P500指数はどの程度まで下がってしまうのか、米国株投資をしている投資家とって、注意する必要があります。

まとめ

 まとめると、テーパリング→金利上昇→債権、預金に資金が流れる→株式下落の方程式です。

 今回勉強してみて、このニュースは自分も含めて、アメリカ株へ投資をしている投資家にとって、とても重要な情報だと感じました。

 その理由は、株の下落時にナンピン買いで、保有株の取得単価を下げるチャンスが来るからです。

 投資株の下落時に、その株を追加で購入することをナンピン買いといいますが、これにより購入価格を下げて、次の上昇で今以上の益を狙うことが可能となります。

 単品銘柄は動きが激しいのに対し、数千の上場株全体に投資するインデックス投資では、ナンピン買いは利益に結びつきやすいと考えています(実際に行って利益を出しています)

 なので、このニュースを聞いて、ナンピン買いするための現金保有率をある程度高くしていきたいと思います。

 昨年からずっと値上がりしていたS&P500も、年末までの値動きが一つの局面と言えそうです。

最後に・・・経済は、つながっていないようで実は一つの線でつながっているものだとつくづく感じます。

 ですので、経済は点ではなく線で捉える必要があるので、視点の切り替えが試されます。

 今回も最後まで御覧くださりありがとうこざいました😊

 次回もお楽しみに、それでまた(^_^)/~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました