テーパリングでも株価が下がらない理由と買ってよかった米国ETF5つ

初心者投資に最適ETF

 みなさんこんにちは😊

 アメリカ連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、8月27日の講演で、テーパリングは年内開始が妥当と表明したあと、これは利上げ時期の直接的なシグナルにならないと発言したため、投資家は利上げまで時間がある受け止め、株価は総じて値上がりしました。

 以前、このブログでテーパリングは株価下落の要因と説明したため、あれっ、わたしの認識は間違いだったのか?といろいろ調べてみましたが、基本的に金融緩和の縮小は株安の要因で間違いはありませんでした。

 では何故、株価は上がったのか?

 これは、2013年5月にFRBのバーナンキ議長が同様の政策を打ち出した際、2008年のリーマンショック後で長期的な金融緩和策が続くと見ていた投資家の反感を買って、テーパー・タントラム(テーパーはテーパリングの量的緩和の縮小のことで、タントラムはかんしゃくという意味、つまりテーパリングに対して投資家が怒りで反応したということ)で市場が大暴落したことを教訓に、FRBが投資家を慌てさせないよう、利上げ時期を遅らせる発言を付け加え、市場の混乱を防いだということです。

 この件は、とても勉強になりました。

 テーパリング、イコール株価下落と思っていましたが、金融緩和の縮小でも、利上げを遅らせる政策はできるということなんですね。

 変異株の影響が心配される中で、せっかく回復に向かっているアメリカ経済の勢いを失いたくないという意図があるのかもしれません。

 それに比べると日本の株式相場は、ぱっとしません・・・。

 下のグラフは、日経平均株価とTOPIXの最近6ヶ月値上がり率を表したものです。

出典:Googleファイナンスより

 特に日経平均株価は、6ヶ月前からマイナス6.82%の値下がりとなっています。

 日経平均株価については、東証一部上場の代表的な225銘柄の平均株価で、株価の高い銘柄の影響を受けやすいという特徴はあるものの、日本を代表する指標となっています。

 コロナによる経済の低迷が一番の原因ですが、なんとも寂しい限りです。

 以前、このブログでも、日本株を応援する意味で、医療株やスタートアップ株を取り上げました。

 みなさんにご紹介した手前、紹介の株式すべてを購入しましたが、購入時から値下がりが続き、下落幅も大きくなったため、損切して、すべての株式を手放しました。

 ただし、徹底的に調べたということもあり、それらの株には愛着が残っているため、株価の動きには注視しています。

 ワクチン接種で経済が上向くまで、しばらくは様子見ですね。

 暗い話題を多少明るくするため、わたしが買ってよかった米国ETFについて簡単にご紹介します。

 利上げ発表で株価が下がるまで、購入の参考にしてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

買ってよかった米国ETF5つ

IVV・・・iシェアーズ・コアS&P500ETF

 平均取得額 377ドル/株 → 452ドル/株 含み益75ドル 利回り19.89%

 取得した2月から円安が進み、その影響も含めると円換算では25.27%の利回りとなっています。

 S&P500に連動するブラックロックのETFで、信託報酬も0.03%と最安レベルで、配当利回りも1.25%あります。

 資産運用会社によって、S&P500の組成銘柄の割合を変えているので、この結果を見る限り、IVVの組成の購入割合は上手くいっていると言えます。

 過去ブログでこの銘柄について紹介していますので、リンクを貼っておきます。

SPY・・・SPDR S&P500 ETF

 平均取得額 382ドル/株 → 450ドル/株 含み益68ドル 利回り17.8%

 取得した2月から円安が進み、その影響も含めると円換算では22.84%の利回りとなっています。

これもS&P500に連動するステート・ストリートのETFで、IVVと比較すると利回りは下回りますが、それでも2桁の利回りは上出来だと思います。

 信託報酬は0.09%、配当利回りは1.24%なので、信託報酬はIVVより若干高めですが、日本株の投資信託やETFよりは1/10の経費率レベルなので問題ないと思います。

 これも過去ブログで紹介していますので、リンク貼っておきます。

 

VT・・・バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

 平均取得額 94ドル/株 → 106ドル/株 含み益12ドル 利回り12.7%

 取得した2月から円安が進み、その影響も含めると円換算では17.09%の利回りとなっています。

 信託報酬は0.08%、配当利回りは1.62%となっています。

 この銘柄は、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動したETFで、47ヵ国の約8,000銘柄で構成されています。

 つまり、この銘柄を購入すると、世界中の銘柄に株投資しているのと同じことになります。

 あいにく、過去ブログでは紹介していませんでしたが、後日機会を見てご紹介したいと思います。

VONG・・・バンガード・ラッセル1000グロース株ETF

 平均取得額 64ドル/株 → 74ドル/株 含み益10ドル 利回り15.6%

 購入は5月のため、109円の円安で購入しましたが、株の値上がりのみで好調な含み益となっています。

 6月末にラッセルの銘柄組み換えがあったのも大きな値上げ要因だと考えています。

 信託報酬は0.08%、配当利回りは2%となっています。

 ラッセル1000はS&P500とほぼ同じ動きをしていますが、S&P500より倍の銘柄で構成されている指数のため、リスク分散が効いており、相場の値下がり時にS&P500より下がらないのが気に入っています。

 過去ブログで紹介していますので、参考までリンクを貼っておきます。

VOO・・・バンガード・S&P500 ETF

 平均取得額 370ドル/株 → 413ドル/株 含み益43ドル 利回り11.6%

 2月、4月、5月と少しづつ購入を続け、円安相場の影響もあり含み益は14.03%となっています。

 信託報酬は最安レベルの0.03%、配当利回りは1.28%です。

 GAFAの業績好調の影響で、好調のS&P500に連動するETFは、IVV、SPY、このVOOともに良い成績となっています。

 ETFは長期投資向きの株であり、信託報酬が安く、S&P500やラッセルに連動するものは今の所好調を維持しています。

 初心者が購入するには、NISA枠をフル活用して、株価値下がりのタイミングをみて、このようなETFを購入すれば、単一銘柄のような株価の暴騰、暴落に心を痛めることも少なく、長期の投資が可能となります。

 VOOについても過去ブログでご紹介していますので、参考までリンクを貼っておきます。

 

まとめ

 今回は、テーパリングでも株価が上がる理由と、個人的におすすめの米国ETFを5つご紹介しました。

◎テーパリングでも株価が上がる理由?
 ・FRBが利上げタイミングを遅らせるような発言があれば、投資家は好意的に受け止め、株価は具体的な利上げ発言があるまで、値上がり傾向になる。
◎個人的におすすめな米国ETF5つ
・IVV、SPY、VT、VONG、VOO

 株投資を続けてきてだんだん分かってきたことがあります。

 それは、投資はタイミングが大切だということです。

 誰もが、一番底値で買って高値で売りたいですが、なかなか上手くは行きません。

 それでも、これを意識するのとしないとでは全く結果は違ってくると思います。

 右肩あがりで上昇を続ける米国株ですが、いつかは息切れする時が来ると思っています。

 今は預金比率を上げ、値下がりのタイミングまで待つ戦略もありかなと感じています。

 

 今回も最後までお読みくださりありがとうこざいました。

 次回もお楽しみに。それではまた(^_^)/~

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました