外国人投資家が好む日本企業は買いなのか?投資初心者もマネしたい投資先(金属製品業)⑤・・・SUMCO (3436)

外国人投資先特集

 こんにちは😊

 一回目のファイザーワクチンを打って一週間が経ち、筋トレで汗を流して気分爽快です。

 ファイザーワクチンの副作用については、ネットで様々な内容が出ていて、シンガポールでは一週間経過してから運動するような通達があるようなので、一週間待っての運動となりました。

 やはり、運動はいいですね。

 筋トレ30分と、以前買ったフイットネスバイクで30分汗をたっぷり出しました。

 投資も大切ですが、なりよりも健康が一番大切ですから。

 ということで、株投資についてのお話です。

 先週末の日経平均株価の終値は28,771円となりました。

 30,000円を越えて、年末には36,000円超えると予想するアナリストもいましたが、日本の株価を支える外国人投資家は、保有する日本株を売り始め、ここ二週間で3,300億円を超える売りが先行しました。

 日本株急上昇の理由は言うまでもなく、新政権で日本経済復活を期待した外国人投資が日本株を買い出したからです(総裁選前の9月1週目、2週目で売買差で7,600億円もの日本株が外国人投資家によって買い越しとなりました)

 ですが、岸田総裁誕生となるや、株価は下落しました。

 株投資の勉強をしていてつくづく感じるのが、株価の幹は実態で動き、株価の枝葉は気持ちで動く、ということです。

 どういうことかというと、短期売買をする投資家は枝葉のような小さな情報で取引する一方、長期投資家は幹のような実績や実態で売買するということです。

 新総裁は何もしていないのに、このように株を売買するのは、短期売買で利ざや稼ぐ投資家です(外国人投資家も短期組と長期組の二種類います)

 なので、週明けはアメリカ株価の反発を受け、日本株も反発する予想をしている記事が出ていますが、兎にも角にも株価の安い時に買うのが基本。

 衆議院で自民党が大勝利するまで、株価の不安定さは続くと思われますので、短期売買の投資家の方以外は、様子見が懸命かなと思います(わたしは長期投資なので、右往左往する株価を追いかけても意味が無いので、今は売買していません)

 ちなみに、外国人投資家の日本株売買状況は、日本取引所グループのページで確認できます。

 参考まで確認の仕方を載せて起きますので、気になる方は確認してみてください。

※以下日本取引所グループのホームページから、投資部門別売買状況を選択。

 外国人売買の結果が見れる。

 さて、前置きはこの辺りで、今回は金属製品業界の二社目として、SUMCO(さむこ)という会社をご紹介します。

 この会社は半導体製品で、世界最高水準の技術を持った会社です。

 それでは早速、見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

外国人保有比率が40.5%

 金属製品は、2020年の外国人投資家の株式保有比率が海運業に続いて増えた業界です。

 根拠資料は、以下の証券取引所グループが発表している2020年度株式分布調査の調査結果です。

 SUMCOの外国人投資の割合は40.5%なので、金属製品の2020年度外国人保有比率29.9%を10%ほど上回っています。

 すごいですね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: j-bunpu2020.pdf-2021-09-22-22-35-05-800x256.png

 外国人投資家に人気のSUMCOとは、一体どんな会社なのでしょうか?

 何がそれほど魅力的なのでしょうか?

半導体技術で世界一を掲げている会社

 SUMCOのホームペーシを見てみると、技術で世界一という言葉が飛び込んできました。

 会社のプロフィールを見ると、主要事業が半導体用シリコンウェーハの製造、販売とありました。

 経済を支える物のたとえとして、産業の米という表現があります。

 戦前は鉄鋼であり、戦後は半導体と言われています。

 半導体はよく聞く言葉であり、IT産業に欠かせない物との認識はありますが、一体どのような物か詳しく調べたことはありませんでしたので、ちょー簡単ではありますが、ウィキなどで調べた結果から、自分なりに解釈した結果を載せてみました。

「半導体」とは
・電気が通る性能と、しない性能の半々の機能を持つ物体のこと・半分電気を通すから半導体。
・加工の仕方や結合の仕方で特性が変化し、電気の流し方で通電したり、しなかったり、光を電気に変えたり様々な機能を発揮する。
・小さく加工しても性能は変わらない。

 なんともイメージしずらい表現で申し訳ないのですが、あらかたこのような物質です。

 これがないとスマホを始め、身の周りの電化製品や車、パソコンなどは全く製造できないのが実態です。

 まさに現代の産業の米と言われる所以です。

 それでは、半導体の原料は何からできているのでしょう?・・・答えはシリコンです。

 シリコンというと、一般的には白いゴムのようイメージを持たれると思いますが、それはシリコーンと言うそうで、シリコーンは、シリコンに複雑な化学反応を起こして作られた化合物だそうです。

 一方、シリコンは金属ケイ素と言われます。

 金属ケイ素をつくるには、原料となる珪石が必要となります。

 ちなみ珪石は、ケイ素と酸素の化合物です。

 ケイ素は 元素記号Siで表し、「珪素」「硅素」「シリコン」とも呼ばれ、岩石や土壌の主成分として酸素に次いで2番目に多く自然界に存在しているのだそうです。

 珪石を木炭と一緒に電気炉で高温で溶かすと、木炭から出るガスが、珪石から酸素を奪い取り、金属シリコンが残ります。

 珪石は酸素と結びついた状態のため、このような作業が必要になるようです。

 また、珪石から酸素を取る工程を還元というそうです。

 かなりマニアックな世界になってしまいましたが、金属ケイ素の還元をイメージ図にしてみました。

 イメージいただけたかと思いますが、いかかでしょうか。

 こうしてできた金属ケイ素(シリコン)は、いろいろな不純物が混じった多結晶状態では使えないため、純度を高め単結晶シリコンにする必要があります。

 単結晶シリコンを作る過程で、顧客ニーズに合わせた電気抵抗度合いなどの特質性を持たせ、高純度の単結晶シリコンを製造します。

 単結晶シリコンは、インゴット呼ばれる棒状にした後、薄さ数ミリの円形スライスにしたものを研磨して、半導体用シリコンウェーハというものを作ります。

 SUMCOのホームページにその辺りの工程図がありましたので、参考まで掲載します。

出典:SUMCOホームページより

 以下は、シリコンウェーハの製造工程図です。

出典:SUMCOホームページより
出典:SUMCOホームペーシより

 すごい工程ですね。

 更に、このウェーハに様々な特殊加工を施し、四種類の特性を持った製品が出来上がります。

 これを顧客のニーズによっていろいろ変えているようです。

 ちなみに、このウェーハの価格はどのくらいするのか、調べてみると、なんとモノタロウで販売してしていました。メーカーは違いますが、参考まで載せておきます。

出典:モノタロウより

 一枚、6,190円。 

 相場がわからないので、これが高いのか安いのか・・・。

 このような状態で、顧客に販売された半導体ウエーハは、その後どのように使われるか?

 購入した先では、半導体ウエーハの表面に縦横格子状のラインを引き、四角を一つとしてカットした後、集積回路と組み合わせ合わせて、半導体チップとして完成させます。

 最終的に、この状態のものが様々なIT機器に使用されるということです。

 半導体の説明はこの辺りで終わります。

 ざっくりで申し訳ありませんが、なんとなく半導体機器のイメージを持ってもらえたのではないでしょうか。

出典SUMCOホームページより

株式の外国人保有割合は40.5%

  SUMCOの株式の外国人保有割合は、業界平均の29.9%を上回る40.5%です。

 とても高い割合だと思います。

 また、SUMCOの企業プロフィールでは、言い方は語弊ありますが、SUMCOは半導体ウエーハしか使っていない会社です。

 つまり、半導体ウエーハの需要に大きく業績が左右される企業ということです。

 では何故、外国人投資家はこの企業の株をそれほど持つのか?・・・それは、半導体の未来は明るいからです。

 電気自動車やリモートで動く機器は、従来機器の何十倍も半導体を使うそうです。

 半導体無しでは、未来は無いと言っても過言ではないのです。

 現在は、半導体の需要に供給が追いつかない状態とのこと。

 半導体の未来は明るいとはそういうことが意味します。

 それでは、SUMCO業績指標をざっくりと確認してみましょう。

1.PER・・・18.6倍

・この値は、年度末の業績予想から計算された予想PER値です。直近の日経平均PERと比較すると、若干高いくらいなので、株価は妥当といったところでしょうか。それほど割高でないと思います。

2.PBR・・・1.88倍

・これも、年度末の業績予想から計算されたPBR値です。これも直近の日経平均PBRと近い値なので、割高という感じではありません。株価は冷静といったところでしょうか。

3.ROE・・・10.1%

・投資から集めた資産からどの程度利益を生み出しているのかを図る指標で、外国人投資家が最も注目する指標となっていますが、日経平均値より高い値です。

・半導体ウエーハという一点集中型の生産で、資本から利益を生み出す効率が良いのかもしれません。

4.売上等は、総じてプラス予想

・年度末の売上、営業利益、経常利益、当期利益はどれもプラス予想となっています。前期は、設備投資などで、前期比で減収となりましたが、今季は創始でプラス予想となる見込みです。

・半導体需要は、電気自動車などの需要で逼迫した状態が続いており、海運業好景気の背景は、このような大きな半導体需要が関係しています。

・周到な外国人投資家に人気なのも理解できます。

・まさに、IT機器の需要がある限り、絶対に潰れない企業と言えます。

8月5日の第二四半期の業績説明資料を貼っておきますので、興味ある方は御覧ください。

SUMCOの歴史について

 SUMCOは、1937年(昭和12年)の 大阪特殊製鉄所の設立が成り立ちです。

 その後、称号変更や、子会社設立とともに大きくなり、1998年(平成10年)に住友金属工業㈱との合併後、1999年(平成11年)に、住友金属工業(現・日本製鉄)、三菱マテリアル、三菱マテリアルシリコンの共同出資で、㈱シリコンユナイテッドマニュファクチュアリングとして設立されます。

 名前長いです。

 そして、2002(平成14年)、住友金属工業(現・日本製鉄)よりシリコン事業の営業権を受け、三菱マテリアルシリコン㈱と合併し、商号を三菱住友シリコン株式会社に変更します。

 名前少し短くなりました。

 2005年(平成17年)、 三菱住友シリコンから株式会社SUMCOに商号変更し、現在に至っています。

 ちなみに、SUMCOの名前の由来がホームページにありましたので、掲載しておきます。

出典:SUMCOホームページより

 名前にシリコンという文字が込められているんですね。

 そして、世界シェアが3割、売上も海外が8割とすごい値です。

 この値から、世界的に技術が認められている素晴らしい企業と言えます。

まとめ

●SUMCOの外国人投資割合が40.5%と高い理由は、半導体の圧倒的な需要が見込まれているからで、未来が明るい日本の優れた企業と言えます。

●投資先としての判断を考えるならば、電気自動車がこの世に出てくる2030年くらいまで、大幅な設備投資とシェア拡大が見込まれるため、長期目線の投資先としては大変有望かと思います。

●直近の株価は2,151円と、岸田総裁による株価バウンドで日経平均株価は割安感が出たので、購入には良いタイミングと言えるのかなという印象です(投資判断は自己責任となりますが)

 ここに一年のSUMCOの株価チャートです。日経平均と比較してみました。

出典:SBI証券より

 上下を繰り返していますが、この動きはまさに、コロナの緊急事態宣言などが大きく影響しているものと考えられます。

 総じて、日経平均値より高いので、年度末の業績好調が実現となれば、良い感じにはなるのではないでしょうか?

 今回は、半導体ウェーハ製造で世界的企業のSUMCOをご紹介しましたがいかかでしょうか?

 毎回、その企業の中身を知るためにいろいろ勉強しますが、ほんと異分野を調べるのは骨が折れます。半導体がなにか分かったのは収穫ですが・・・。

 次回はどんな金属業界の会社を紹介するかまた調べて見たいと思います。

 この記事が、みなさんの投資の参考になったら嬉しいです。

 また、このブログが少しでもお役に立てたらTwitter、フォローいただけると嬉しいです。

 次回もお楽しみに。それではまた(^_^)/~

 Follow @animo71

 










 

コメント

タイトルとURLをコピーしました